田口 英樹


学歴
1985年3月 東京都立 国立高等学校 卒業
1989年3月 東京工業大学 工学部化学工学科 卒業

1993年9月 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 生命化学専攻 博士課程修了(短縮修了)

学位:博士(理学)「シャペロニンの作用機構の研究」(東京工業大学1993年)


職歴
1993-1995年 日本学術振興会特別研究員(於 東京工業大学資源化学研究所)

1995年4月-2003年9月 東京工業大学 資源化学研究所 助手

2003年10月-2004年3月 東京大学 大学院 新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 助教授

2004年4月-2010年3月 改組により同研究科 メディカルゲノム専攻 助教授 (2007年より准教授)

2010年4月-2016年3月 東京工業大学 大学院 生命理工学研究科 生体分子機能工学専攻 教授

2016年4月-現在に至る 改組により東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究ユニット(生命理工学院 生命理工学系 担当) 教授


2002年11月-2006年3月 科学技術振興機構 さきがけ研究者(生体分子の形と機能領域)を兼任